モビット評判などを見ると、すぐに審査結果が確認できる「10秒結果表示」といった審査スピードの早さと、14時50分までに振込み手続きが完了すれば数分後には口座へ振込されるといった融資スピードに人気が有る反面、返済で延滞などを起こすと裁判所へ訴訟を起こすのが早いということも書かれています。

キャッシングは無担保でお金を貸しているので、延滞などでお金を返してもらえないときの対応には苦慮しているようです。

銀行カードローンの場合は保証会社の保証がされなければ審査に通らず、延滞を起こしたときは保証会社が代理弁済し、債権は保証会社に移るという方法を取っています。
多くの消費者金融はサポート窓口で返済相談を受け付けており、場合によっては返済ができるようになるまで元金だけの返済に変更したり、毎月返済額を少なくしてもらうといったこともあるようで、裁判費用をかけないために裁判に持ち込むことを避けています。

モビットは一部の口コミには短期間で裁判所へ訴訟を起こすということがかかれており、任意の和解ではなく裁判で「和解に代わる決定」というのを望む傾向にあるようです。任意整理でなく裁判所で「決定」されると、予定通りに返済されないときは強制執行がおこなえるので、多少の費用がかかっても提訴する意味が有るようです。

キャッシングは「どれくらい借りられるか」というより「いくらなら返せるか」というほうが重要なので、借入をするさいは返済計画を立てて返済が続けられる範囲で利用しましょう。