デビットカードですが、使えるお店が限られていると思っている人はいないでしょうか。全くそんなことはありません。デビットカードは加盟店で使えるのですが、その加盟店とは、実質的にはそのカードブランドのクレジットカードと同じです。ですから、例えばVISAデビットであればクレジットカードのVISAカードが使えるお店であれば使えますし、デビットカード VISAデビットであればクレジットカードのJCBカードが使えるお店であれば使えるのです。
クレジットカードのVISAやJCBが使えるお店にはその旨のステッカーが必ず貼ってありますので、見つけることも簡単です。最近ではクレジットカードの使えるお店も増加してきていて、実は大手のコンビニチェーン、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどといったところでは全てクレジットカードが使えますから、イコールデビットカードも使えるということになるのです。
なお、実際に使う場合ですが、一般的にはサイン又は暗証番号が必要であるものの、コンビニの場合は少額決済であるためか、サインや暗証番号が求められないこともあるようです。
ちなみに、クレジットカードが使えてもデビットカードが使えない場合も、例外的ではありますが存在します。それは例えば電気やガスなど公共料金の支払いです。クレジットカードは使えてもデビットカードは使えません。この他にも、一部のネットショッピングでは、クレジットカードは使えてもデビットカードは使えないこともあります。